クラスイベントとオリジナルTシャツ

クラスイベントとオリジナルTシャツ

定年退職の先生と思い出のクラスTシャツ

高校の体育祭の時に、クラスでオリジナルTシャツを作りました。
当時の担任がとても人気のある先生で、かつ、その年が定年退職という先生でした。
とても穏やかな先生で、正直体育祭に燃えるタイプの先生ではありませんでした。

しかしクラスの皆は先生のことが大好きだったので、先生の思い出に残るような体育祭にしよう!と盛り上がっていました。

先生にとって最後の体育祭ということだったので、私たちと先生の似顔絵をTシャツにしようということになりました。
前側が先生の似顔絵。国語の先生だったので、古典の文章や教科書のイラストを織り交ぜました。
裏側が私達生徒の似顔絵。40人いたので小さくはなってしまいましたが、全員分のせました。
ちょうど美術部でかなり絵が上手な子がいたので、その子が全員分のイラストを描きました。
とてもリアルでかわいい似顔絵で、素人が作ったとは思えない出来になりました。

ちなみに、今その子はプロのアーティストとして活躍しています。

体育祭の1週間ほど前に出来上がったものが学校に送られてきました。先生の前で開封。
先生はすごく感激してくれていました。「もう体育祭やらなくてもいいんじゃない?汚したくないよ」というようなことをおっしゃっていて、喜んでいました。
進学校で部活が盛んな学校ではなかったので、あまり運動が得意な生徒は多くない学校でした。
そのため体育祭も楽しむものという雰囲気が強く、あまり頑張って練習するという感じでは例年ありませんでした。
しかしこの年は、先生が最後だから!とクラスが今まで以上に一丸となり、受験勉強そっちのけで体育祭に向けて準備を行いました。
当日も、
Tシャツの効果は絶大で、みんな先生の最後の年を思い出に残るようにしようと頑張っていました
結局優勝はできなかったのですが、最後に先生から、
「まぁ優勝はできなかったけど、とにかく僕はこのTシャツが気に入っています。これがあれば定年してもみんなの顔を忘れないと思う」
というようなことを言ってもらえて、私たちも嬉しかったのを覚えています。

体育祭のために作ったTシャツでしたが、クラスの前の壁に先生が自分のTシャツを飾っていました。

そこまで気に入ってくれているならと、卒業の時にそのTシャツの子供用のサイズを注文し、額に入れてプレゼントしました。
そのTシャツのイラスト順にみんなが並んだ写真も添えて渡すと、先生は大泣き。
たかが
クラスのTシャツですが、私たちと先生にとって思い出の1枚になりました。


クラスTシャツ

オリジナルスウェット

オリジナルポロシャツ

Tシャツ作成